購買アウトソーシング

img-1

購買アウトソーシングは一体何のために行い、どのような効果が期待できるのでしょうか。アウトソーシングを行うと当然ながら費用がかかります。


何も購買アウトソーシングといったところで貴重な費用を使わずとも、社内の人間でカバーするよという人もいるかもしれません。


しかし、購買アウトソーシングには社内で行うよりもより効果的、効率的に行える可能性が十分にあるのです。

社内の人間でカバーできるという意見はごもっともですが、しかし社内の人間で行えば費用が安くなるわけでは決してありません。
というか、むしろアウトソーシングしたほうが安くなることが多いのです。いろいろな理由がありますが、例えば購買業務の業務量がさほど多くはない場合、普段は他の業務を行っているベテランの社員が兼務しているということもあるでしょう。考えればすぐに分かることですが、そういう社員は時間あたりの給料がかなり高いはずです。

そういう時間当たりの給料の高い社員に、片手間的に他の業務をさせるというのは非常に効率が悪いというか、会社にとってみれば非常にもったいない話です。そういう時間単価の高い人は、より重要な業務、より価値の高い業務に集中してもらう必要があるのです。

外注すると社内のノウハウが流出してしまうかもしれない、受け継ぐ人がいなくなるかもしれないとか、そもそも外注できるように仕事のノウハウが体系化されておらず、外注したくてもできないといったノウハウ面、仕事のやり方の面を気にする人もいます。
これは、自社のコアな業務では当てはまるかもしれません。

特有のやり方やノウハウが漏れるのは困りますし、外注することでスキルの継承がうまくいかなくなるかもしれません。

しかし、購買のような業務はあくまで間接業務であることがほとんどのはずです。もし、購買業務が自社のコア業務であるという会社であれば、確かに安易に外注を考えるのは控えたほうがよいかもしれませんが、一般の会社であれば、むしろ外注することで外注先の会社のノウハウを学べることの方がはるかに多いはずです。


数多くの会社から購買業務を受注している会社のほうがよほど効果的なノウハウを有しているでしょうし、自社で外注のノウハウが体系化されていなくても全く問題はなく、外注先の会社にノウハウを頼ればよいのです。
諸手を挙げて歓迎してくれるはずです。


本当にコストダウンにつながるのかと思われるかもしれません。
これが一番の関心事かもしれませんが、述べたように数多くの会社から購買業務を受注しているわけですから、スケールメリットが大きく働きます。

それだけ調達先に対して大きな力を持つことは間違いありませんから、コストダウンが見込めるのは当然のことなのです。


もちろんいま実際にどれくらいのコストがかかっているのかは会社によっても違いますから、どれくらいのコストダウンが見込めるのか正確な数字を挙げることは困難ですが、平均すると2割から3割は安くなっているようです。

購買アウトソーシングの優良サイトの情報を公開中です。

有名なクラウドの勤怠管理関連情報を解説します。

調達アウトソーシングの基本知識を紹介しています。

タイムカードの勤怠管理に関する予備知識の情報が満載です。

cdの朗読がとても人気であることがわかります。

http://www.nikkei.com/markets/ir/sys/redirect_ir.aspr?s=ir&f=http://www.nikkei.com/markets/&nik_code=00005754&click=INFOLIST&u=http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/150525.html

http://girlschannel.net/topics/279511/

http://girlschannel.net/topics/117763/8/

関連リンク

img-2
介護サービス提供所が抱える経営問題とは

現代の日本においては、超高齢化社会がますます進んでいる現状があります。少子化問題や核家族化、単独世界の増加、晩婚化などの問題は十年以上前から大きな問題として取り上げられています。...

more
img-2
介護保険ソフトは慣れが大切です

介護保険で使用する保険ソフトは、憶えることよりも慣れることが大切です。憶える時間が余りとれない場合も多いので、先にこうするものだと慣れてしまうことで、だんだんと理解が追いついていくような感じになります。...

more
top