コンプライアンスと間接材購買

img-1

間接材と聞いてすぐに何を指すかわかる方はかなりコスト意識のある人です。

取り扱う商品の直接の材料でないもの全てが間接材として考えることができます。

例えば、紙です。
受注票、請求書、領収書、資料、取扱説明書など色々な形に変わりますが、電子化が進んでもゼロにはなっていません。

それは商品そのものにはなりませんが、商売をする上でコストがかかっているものです。


このようなものを間接材と言います。

間接材の定義は、組織ごとで異なります。紙のように、物として目に見える形で存在しているものは想像しやすいかもしれません。


実際には、1つの商品を売るまでに色々な労力を必要としています。例えば、通信費、メンテナンス費、アウトソーシング費、人材派遣費などです。


これらの費用も商品に直接使われるわけではないので明確な認識をされていません。

そのため、売上からの経費として考えられることで無駄が生じています。

これらの間接材購買を見直すことでコスト削減が可能になります。

特に各部署でバラバラに委託している間接材購買を見直すべきです。

例えば人材派遣、マーケティング、印刷サービスなどです。

これらのものは契約ごとに条件のばらつきがあったり、その管理で手間が発生していることが多くあります。

また、成果物に大きな差が生じることがないため担当者への口利きによって契約が決まることがあります。そのため不正や癒着を招く原因になるおそれがあります。コンプライアンスの観点からも適切な状態とは呼べない場合もあります。
コンプライアンスが脅かされる状況では、担当者の私利が優先され、組織のコストが軽視される傾向にあります。その程度にもよりますが、大きな組織にあればそれぞれが小さな場合でも大きな損失につながります。

適切な条件を管理することで最適なコストを見つけ出すことができることになります。


また、適正な競争によるサプライヤーの評価を行うこともできます。担当者個人の私見ではなく、組織の利益のためにサプライヤを選別することができます。

このような効率化を行うためには間接材購買の一括管理が必要です。


これは全ての購買を一箇所でおこなうわけではなく、管理を一元にして実際の購買は各部署で行うことです。必要な時期に発注することは業務上で必要なものです。
それは制限することなく、その運用の監視を行うことで一定のコスト管理を行います。そのために必要なことはルールづくりです。


評価済みのサプライヤーへの発注の徹底やその方法の確立、評価の適切性確保などが考えられます。


質が比較しにくいものこそ間接材購買の改革によって効果を得やすいコスト削減につながります。

うまく実行することができれば業務の質を下げることなく、コストの削減が可能になります。

実施にあたっては、トップマネジメントのコミットメントも重要ですが、過去の支出分析や現場の理解が必要なります。

組織として、コスト意識が高まることが成功への鍵です。

特別な間接材購買情報を調べられるこのサイトはオススメです。

飲食店の売上の特別な情報を載せています。

現時点で最高のマイナンバーBPOの情報が必要なタイミングで手に入ります。

オーディオブック情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

介護の売上管理関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

http://news.biglobe.ne.jp/list/013/498/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88_%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97.html

https://i.4meee.com/articles/view/11000951

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9%2C%E8%A9%90%E6%AC%BA

関連リンク

img-2
GoogleMapsAPIのプレミアムプラン

インターネットが重要になり、私たちの生活にも浸透して久しくなりました。生活にインターネットをとりいれることで今まででは考えられないような便利な日常を過ごすことができ、些細な情報でも一瞬でとりいれることができるようになりました。...

more
img-2
POSシステムの導入で経営の効率化を実践

POSシステムを導入することで経営数字をリアルタイムで把握していくことが可能になっていきます。小さな店舗ではPOSの必要性は感じていても、実際に導入となると躊躇してしまう経営者の方も多いです。...

more
top