介護保険ソフトは慣れが大切です

img-1

介護保険で使用する保険ソフトは、憶えることよりも慣れることが大切です。
憶える時間が余りとれない場合も多いので、先にこうするものだと慣れてしまうことで、だんだんと理解が追いついていくような感じになります。

特に事業者で働いている人の中で初心者の人の場合には、制度を憶えるのは非常に大変ですので、先に言葉の意味などを憶えようとせずに、制度としてこうなっているものだと理解して仕事をしながら覚えていくイメージが重要となります。



仕事をしていく中で介護保険ソフトなどは徐々に使えるようになります。



まずは介護事務の場面で国民健康保険団体連合会への請求時に必ず作成をするものがあり、それらをうまく使用していき請求事務をこなせば、ある程度は理解が出来ていきます。



その流れの中で不明な言葉などを理解していくようにするのです。

不明な点はそのままにしないというのが仕事の鉄則でしたが、介護保険ソフトや制度では違います。

理解をするためには膨大な時間が必要ですので、その時間がとれません。


仕事をしながら憶えていく二足のわらじで行動をしていきます。このように時間が足りない仕事ですから、仕事をしていく課程の中で言葉や制度そのものを理解していくのがベターです。



特に制度変更が走る3月や4月頃では、厚生労働省も地方自治体も制度変更に追われています。



質問をしてもなかなか返答は得られないでしょう。



必ず理解をしないといけない部分はともかく、それ以外では基本を忠実にしていくことで、処理を確実に行うことを優先することが求められます。
もしこの作業を疎かにしてしまうと、請求が出来ずに収入が得られない事態を招きます。事業の継続性に黄色信号がともることになりかねません。


確実に請求が出来るものは請求を行うことと、不明な点でも著しく違反をしていない場合にはある程度の割り切りが重要であること、こうしたポイントを押さえておきます。

その上で、もしその請求したものが間違えていたことが分かった場合には、修正をすればいいのです。



国保連や管轄する地方自治体に対して修正を申し出ることで、対応します。


場合によっては、申し出る前に実地指導などで指摘を受ける場合もあるでしょう。



その場合に返還の指導がなされれば、その指導に従って処理を行えば事は済みます。
請求関係以外でも、実際に仕事をする中でソフトの利用は必須です。
ソフトを扱うということは、ある程度の知識が必要だと感じる場合も多いのですが、それが絶対ではありません。むしろその保険ソフト等の利用をしていく中で徐々に分かっていくものです。百聞は一見にしかずではありませんが、習うより慣れろの精神がとても大事な作業になってきます。

介護が必要な人の状態は千差万別です。


似ているような状態であっても家族構成が異なるなど、一人として同じ状況の人はいません。
各個人ごとに適切なケアを提供出来るよう、心がけていくことが求められています。

関連リンク

img-2
マイナンバーのアウトソーシングで人事部の工数削減

マイナンバーは住民票に基づいて割り振られた国民番号であり、行政機関はこの番号によって個人を特定できます。行政サービスの充実を目的として導入されたのですが、特定個人情報として、通常の個人情報よりも厳格な取り扱いをすることが法律で義務づけられており、違反した企業には重い処罰が下される可能性もあるのです。...

more
img-2
社長がGoogleMapsAPIを使う長所と短所

社長がGoogleMapsAPIを使うと、社員がすごいと褒めてくれる、機能の説明をすると偉くなった気分になるなどの長所があります。社長がパソコンを用いてGoogleMapsAPIの設定をしていると、おそらくですが社員がびっくりすると想定されます。...

more
top