飲食店を経営する時の注意点

img-1

会社の早期退職制度を利用して飲食店を開業する人が増えています。他の業種と異なり未経験でもやる気があれば誰でも始めることができるのが魅力なのです。


フランチャイズに加盟する場合であればある程度の経営ノウハウを習得することができます。

開業資金を抑える為に自ら始める場合には独学で本を読んだりセミナーに参加をするなどしてノウハウを一つずつ獲得していくことになります。
しかし、本の筆者やセミナーの講師、主催者は飲食店経営を実際にしていないことも多いのが現状です。


一般論で説明をされる為、実際には役に立たない知識である場合もあります。


飲食店経営をする上で忘れてはいけない基本的なところをいくつか検討してみましょう。

1、挨拶と笑顔はサービス業の基本2、利益主義やお客様主義は古い3、メニューは食材を手に入れることができれば誰にでもできるのだから、接客を極めなければならない4、居心地の良い空間を演出する5、お客様に感動体験をしてもらうそれぞれ詳しく考えていきます。
1、セミナーなどではあまり触れられない点ですが最重要なポイントが挨拶と笑顔です。
自然な笑顔、明るい挨拶は教えてもできない人もいます。
オーナーが自ら実践をしてアルバイトやパートに見せなければなりません。サービス業の基本であり、忘れやすい点でもあります。

2、自分の懐を気にしていたり、お客様は神様だと考えるやり方は時代遅れと言って良いでしょう。


これからは従業員主義が求められています。


店舗を運営できているのはアルバイトやパートが仕事をしてくれているからなのです。

オーナーは責任者ではありますが、お客様と直接接する機会は少ないのです。

アルバイトやパートに気持ちよく仕事をして貰う為には福利厚生の充実が必要なのです。3、どんなに希少な食材であってもお金を出せば入手できないことはありません。


しかし接客は人間性の問題であるので、お金をだせば手に入るものではありません。
接客を極めることが店舗運営を成功させるポイントになるのです。


4、お客様だけでなくアルバイトやパートに対しても居心地が良い空間を演出しなければなりません。


従業員の入れ替わりが激しい店舗はお客様から悪い評判をもたらされるきっかけになります。従業員の定着率を上げることも重要な課題です。

賃金だけではないメリットを考えて行けば定着率を上げることができます。


例えば積極的にアイディアを採用することも大切です。


オーナーだけで決めるのではなく全員の意見を参考にして決めることで一体感が生まれて定着率を上げることができます。5、お客様には何度も感動体験をしてもらうことでリピーターになってもらうことができます。


入店時、メニュー構成、料理提供時、食べ終わった後、退店時、少なくとも5回は感動体験をしてもらうチャンスがあるのです。

何度も感動体験をしたお客様はSNSやクチコミで伝えたい欲求にかられるものです。
感動をしてもらうことが大切です。

















関連リンク

img-2
介護サービス提供所が抱える経営問題とは

現代の日本においては、超高齢化社会がますます進んでいる現状があります。少子化問題や核家族化、単独世界の増加、晩婚化などの問題は十年以上前から大きな問題として取り上げられています。...

more
img-2
POSシステムの導入で経営の効率化を実践

POSシステムを導入することで経営数字をリアルタイムで把握していくことが可能になっていきます。小さな店舗ではPOSの必要性は感じていても、実際に導入となると躊躇してしまう経営者の方も多いです。...

more
top