企業に必要な勤怠管理システム

img-1

いま企業にはコンプライアンスといったことで法令違反を防ぐことが求められています。その項目はとても多岐にわたるのですが、身近なところでは勤怠もそのひとつになります。

これは労働基準法という法律があり、その法令を遵守しているか企業として管理しなければならないということになります。

特に勤怠については企業内に就業規則がありそれらとあわせて管理しなければならないものです。

従業員が多い、拠点が多い場合はその管理にも手間がかかるために勤怠管理システムなど導入するという方法があります。

従業員の中にはいろいろな雇用形態があるため、その雇用形態ごとにルールを明確にして周知して管理しなければならないことになります。


法律で定められている主なものは労働時間、残業時間、休憩時間、有給休暇の付与日数などになります。
一般的な企業は労働時間は1日8時間、週40時間が基本となります。
年間2080時間以内となるように所定時間を決めなければなりません。

残業時間についてはほとんどの企業で残業は発生してしまいます。

残業が発生した場合は決められた手当を支給しなければならないということと、残業時間数には上限を設定しなければなりません。
これは企業側と労働組合にて協議し締結したものを労働基準監督署へ届ける三六協定というものがあり、ここで時間数を決めることになります。
休憩時間は労働時間の途中に与えなければならず、その労働時間が6時間を超えると45糞、8時間を超えると1時間与えなければなりません。


有給休暇は仕事をはじめてから6ヶ月経った時点で発生するもので、労働時間によってその日数が決められています。

これは社員だけでなくパートやアルバイトについても同様に与えられるものです。このような法律で定められている主なものは労働時間、残業時間、休憩時間、有給休暇を管理するためには発生時点で捉える必要があり、勤怠管理システムならより効率的に管理することができるようになります。

勤怠管理をするためには基本的な所定労働時間を決めなければなりません。

これは雇用形態によって変わりますが、社員ならいつ出勤日でいつ休みなのか決めることです。そして出勤日の勤務時間の出勤時間、退勤時間から所定労働時間を決めることになります。
そしてタイムレコーダーなどを利用して出勤した時刻、退勤した時刻を集めて労働時間を計算します。


1日の所定労働時間が8時間であれば実働時間がその時間数を超えた場合は残業時間として計算をしなければなりません。
実働時間に対して休憩時間が適切にとることができているのか確認も必要です。勤怠管理はこのような勤務実績を発生時点で捉える必要があります。

基本的には毎日実績を確定させて翌日にはその状況を確認することができるように仕組みづくりをする必要があります。勤怠管理システムで勤務実績を集めて従業員や上司が毎日の勤務実績を確定させ、労務管理者がいつでも確認することができるようにすることです。

















関連リンク

img-2
マイナンバーのアウトソーシングで人事部の工数削減

マイナンバーは住民票に基づいて割り振られた国民番号であり、行政機関はこの番号によって個人を特定できます。行政サービスの充実を目的として導入されたのですが、特定個人情報として、通常の個人情報よりも厳格な取り扱いをすることが法律で義務づけられており、違反した企業には重い処罰が下される可能性もあるのです。...

more
img-2
社長がGoogleMapsAPIを使う長所と短所

社長がGoogleMapsAPIを使うと、社員がすごいと褒めてくれる、機能の説明をすると偉くなった気分になるなどの長所があります。社長がパソコンを用いてGoogleMapsAPIの設定をしていると、おそらくですが社員がびっくりすると想定されます。...

more
top