社長がGoogleMapsAPIを使う長所と短所

img-1

社長がGoogleMapsAPIを使うと、社員がすごいと褒めてくれる、機能の説明をすると偉くなった気分になるなどの長所があります。
社長がパソコンを用いてGoogleMapsAPIの設定をしていると、おそらくですが社員がびっくりすると想定されます。


社長が年配の方だった場合は、パソコンに対して苦手意識を抱いていてもおかしくないです。


そのため、社員が驚くのは納得ができる話です。


この時は、社員に対してパソコンに関する色々なことを話せば、さらに驚く結果が期待可能です。
その時の社員達の表情は見ていると面白いので飽きないはずです。
家に帰った時は、家族にそのことを話してあげるといいです。



愉快なことなので、家族と笑いながら会話を楽しむことができます。

また、社員にGoogleMapsAPIの説明をする時は、自身が偉くなったような気分を味わえます。



難しい機能を社長だけが扱えている状況なので、偉くなったと感じるのは自然の流れと言えます。



特に技術サポートと広告の制限のことは、教わらないと理解しにくいです。
ただ、社長の指導により、徐々に知識を身につけていく社員が増えてくるので注意です。その時は、さらに難易度の高い何らかの機能を使いこなせていれば問題ありません。


短所はデスクワークは肩こりが発生する、目が疲労しやすい、効果があるのか疑問などです。GoogleMapsAPIでサイトを作成する作業は、主に椅子に座りパソコンを使うことになることから、肩こりが発生しても不思議ではないです。長時間椅子に座り続けていると、肩が痛くなってくるので、同じ姿勢をせず時々肩を動かしたりするといいです。
1時間に1回程度肩を動かせばそれなりに効果があります。



社員がその動きを見せると仕事を放置していると同僚に見なされますが、社長室で働いているため、誰にも見られる心配はないです。



あと、パソコンを集中して見ていると、小さい文字を沢山読むことになるので、目が疲労を感じやすいです。



眼鏡をかけて仕事をすれば、小さい文字を見えやすくなります。



それでも目が疲れる時は、瞬きを何度もするようにしたり、目を閉じる時間をやや長めにすれば効果的です。


目薬を手元に置いておいて、必要と感じた時に点けるのも悪くないです。

ただ、パソコンで仕事をしているとドライアイになりやすいので、目に異常を感じた際は、必ず眼科に行きましょう。



眼科に行き医師の診察を受ければ、専用の目薬を出してもらえるので、目の健康維持につながります。


また、効果があるのかわからないと考えた時は、自社専門のサイトを見て、会社で出荷している商品の所をチェックしてみるといいです。

会社が所持している倉庫に行き在庫を確認するには、倉庫内が広ければ、1時間では確認作業は終わりません。

GoogleMapsAPIの自社サイトなら、数秒で在庫の確認ができるので、それなりに高い効果を発揮しているとすぐに判断できます。

関連リンク

img-2
GoogleMapsAPIのプレミアムプラン

インターネットが重要になり、私たちの生活にも浸透して久しくなりました。生活にインターネットをとりいれることで今まででは考えられないような便利な日常を過ごすことができ、些細な情報でも一瞬でとりいれることができるようになりました。...

more
img-2
介護保険ソフトは慣れが大切です

介護保険で使用する保険ソフトは、憶えることよりも慣れることが大切です。憶える時間が余りとれない場合も多いので、先にこうするものだと慣れてしまうことで、だんだんと理解が追いついていくような感じになります。...

more
top